TOP
ABOUT

Works
 ∟資料壱:characters
 ∟資料弐:logos
 ∟資料参:place
 ∟PBW版保管庫
Contact
LINK

 
 
 

ここではスィーラの名乗り方ルールを解説します。

一番目に名乗るスィーラをファースト、
二番目に名乗るスィーラをセカンド、
三番目に名乗るスィーラをサードと呼びます。
スィーラは接続語(て・に・を・は等)で接続し、一度に三つ同時に名乗ることができます。
文字上は真名/スィーラのように、真名とスィーラの間を/で区切って表示します。

スィーラをひとつしか持っていない場合は、接続語を入れることができません。
たとえば【青】というスィーラひとつだけしか持っていないのなら、
塚本圭太/青となります。

スィーラを二つ以上持っているのなら、スィーラとスィーラを接続語で繋ぐことができます。
接続語はひらがな限定で最高五文字、送り仮名をつける場合も五文字以内になります。
接続語自体に意味や能力はありません。
複数文字からなるスィーラを分解することはできません。

>戻る