TOP
ABOUT

Works
 ∟資料壱:characters
 ∟資料弐:logos
 ∟資料参:place
 ∟PBW版保管庫
Contact
LINK

 
 
 
 
が、発見され、押し付けられる風景
 
 
 
 

「そんで?」
「それで、まだぽつぽつ拾ってきているものだから」

 よろず厄散。
 蜂岡千里は帳場机に頬杖をついて、話を続ける。
 今日も客は来ない。
 なぜだろう。昨日も客は来なかった。
 偶に客が来たりする。そしてチョコレートやマシュマロを買っていく。
 しかしそれだけでは商売上がったりである。
 だって薬屋なのに。

 ふ、と口許を押さえて欠伸を殺した。
 冬を越えたあとの空気はすっかり緩み、ついでに気持ちも緩むのか生欠伸が絶えない。

「……全く余計なものを見つけてくるものだ。見てしまったものを放置ともいかないようだしねえ。それに少し、確かに気にかかる」
「おー」

 篠田泰人は何が何だかよく判らないまま感心して、机の上の三枚の紙を見下ろした。
 3月1日、3日2日、3月5日と、各日付ごとに一枚ずつ。
 紙はいずれもノートの切れ端のようだ。よれて汚れて、ところどころインクが滲んでいる。

「えーと、そんでそっちが3月5日か。なになに、先日の事はもう気にしていないと能登君に告げる。天気は未だ回復せず、曇り」
「その日の夕食は鰻重だ」
「いいもん食ってんなあ。……」

 それで?と蜂岡を見る。

 それでね、と蜂岡もまた篠田を見返したところで視線が合う。

 それでも何も決まっているじゃないか。

 
 
 
Top > Works > 春鱒亭菜々記(の断片) > が、発見され、押し付けられる風景