TOP
ABOUT

Works
 ∟資料壱:characters
 ∟資料弐:logos
 ∟資料参:place
 ∟PBW版保管庫
Contact
LINK

 
 
 
 
春鱒亭菜々記(の断片)
 
 
 
 

3月 1日

目が覚めて欠伸を一発。
顎が外れそうになる。
いい加減に外に出ねば身体が腐れるとおみそが五月蝿い。
追われるままに中庭 ぶ ぶらする。
晴天。

朝食 トーストにバター、たっぷりの苺ジャムを添えて
昼食 にゅうめんにあさつき、玉子
夕食 すき焼き、葱と焼き豆腐を多めに頂く

3月 2日

本日は午後4時から高梨君との約束。
我が家の居間で共にラジオを聞く。
高梨君はなかなか面白い青年だ。
最後にはおみそもやって来て一緒に茶を飲む。
曇り。

朝食 トースト、バターは無し、薄くママレード
昼食 田舎蕎麦、お し大根
夕食 鯵の南蛮漬け、高野豆腐の煮物、青菜おひたし

3月 5日

先日の事はもう気にしていないと能登君に告げる。
天気は未だ回復せず、曇り。
好物の漬物が田村女史 ら届くも食欲減退。

朝食 トースト、ミ クティー
夕食 鰻重、肝吸、漬物

 
 
 
Top > Works > 春鱒亭菜々記(の断片)