TOP
ABOUT

Works
 ∟資料壱:characters
 ∟資料弐:logos
 ∟資料参:place
 ∟PBW版保管庫
Contact
LINK

 
 
 
 
ストップ
 
 
 
 

 室内は暗く、立ち込める湯気だけが白く浮いて見えた。
 しかし湯船は広い。そりゃいいことだと思う。
 やっぱ銭湯は泳げるぐらい広くなきゃ駄目だ。
 湯船の中でぐっと伸びをすると水音が跳ねた。

「あー」
 喉から出た声は震えて響いた。
 湯を掬い取りながら掌で顔をべろりと擦った。
 自らの手で伝言板に貼り付けたメモの字面を思い起こす。
 昔は、と言うほど年を経ているわけではないが。
 それでもむかしは、そういった細かい、気遣いの要る仕事は篠田泰人の持分ではなかったと思う。
じゃあ誰の仕事だったんだと言われれば、首を捻るしか無いのだけれど。少なくとももっと、違う人間の仕事だったと思う。思う、そんなような気がする。曖昧な欠落をあえて追うほど肝は据わっていない。思念の端っこを気取られても面倒だ。
 だから思考はそこで一旦止めて、湯に顔を突っ込んでぶくぶくと泡を出す。俺は蟹だ。今は蟹だ。
 息が詰まる前に顔を上げて、うへえと再び声を出した。
 声が響く。

 ボインのお姉さんでも入って来ないかなあ。
 そうしたら一秒で気分うきうき、天国直行なのに。

 
 
Top > Works > ストップ

Tag: 篠田泰人