TOP
ABOUT

Works
 ∟資料壱:characters
 ∟資料弐:logos
 ∟資料参:place
 ∟PBW版保管庫
Contact
LINK

 
 
 
 
何が好き?
 
 
 
 

 よろず厄散の上がりかまちに腰を下ろして、蜂岡千里は手元のチョコをじっと見下ろした。
 ハート型である。
 解いたばかりの包みは桃色で、随分と可愛らしいものだった。
 カードの文面もまた、何と言うか可愛らしい。でも大人だなと思う。子供ではないだろう。
 さて、薬屋の結界の中、格子に隠れるように置かれていたこのチョコレートは店主宛と思って良いものだろうか? 
 狭い世界だ。買い物客の数も限られている。
 首を傾げた。
 誰だろう。
 手に持ったチョコからは甘い匂いが上る。
 誰だか知らない。
 二月十四日から一ヶ月が過ぎて、店内の一角はホワイトデーの為に青く彩られている。ハートに代わり、今度は星型の風船がぷかりと浮いている。

「うん」

 うん、お礼をしなければ。
 飴が良いだろうか。
 それともあの不思議な触感のマシュマロが良いだろうか。
 女の人だろうか。男の人だろうか。
 女の人だろうと思う。多分。
 では甘い物が良いかな。
 一休みと称してその場に座り込んだまま、蜂岡はひっそりと笑った。
 これだからまだ、まだ大丈夫だよと思えるのだと。

 
 
Top > Works > 何が好き?

Tag: 蜂岡千里